40代50代で起業しようとして失敗する本当の理由とは?(誰も書けない理由)

中年起業で失敗する本当の理由は、正しい知識を得ることができないからです。
それが失敗する本当の理由ですが、ネットで情報を得ようとすることが間違いです。
とくにヤフーやGoogleの検索エンジンを使うことが、失敗の原因です。

40代50代で起業しようとする人の特徴は、「焦り」があるということです。
老後の年金は当てにならない、今勤めている会社も近い将来、つぶれるかもしれないという不安感があるのです。
そこで思い切って起業しよう、人生最後の勝負に打って出ようと考えます。
しかしそれは失敗する可能性が非常に高いのです。

根本的なものを書きました。
こういう情報は、ネット上には書かれていません。
その理由を説明しています。

1・ネット検索では起業情報を得られない

あなたはSEOをご存知でしょうか?

SEOはサーチエンジン最適化の英語の頭文字をとったもので、Googleやヤフーなどで検索した時最初のページに表示される効果を狙うものです。

こういうことは、じつは10年以上も前から行われていて、それを専門にする業者もたくさんいます。
私自身8年ほど前にそういう業者に依頼したことがあります。その頃はリンクを沢山つけられたサイトが上位表示されると言われました。
そのため業者自身がダミーページを多く作り、依頼主サイトへのリンクを貼り付けるという手法を使っていました。
しかしサーチエンジンがそんな、いわば「卑怯な」やり方への対策を行い、リンク主体のSEOは今ではすっかりなくなっています。

しかしSEO対策業者がなくなったわけではありません。また個人や企業向けのブログ記事製作で、SEO対策を教えるコンサルタントが大勢存在します。
コンサルタントは大勢いますが、その教える内容はほとんど同じです。

どういうことを教えられるのか?というと、例えばあなたが「40代 起業」で検索したとします。そうしたら「40代からの起業を失敗しない11の心得」みたいなサイトが上位表示されます。
あるいは「40代で起業して成功した30つの事例」などという、たくさんの事例が載ったサイトを見つけることができるでしょう。
そうするとこれを検索した人は「30も事例があるのか!すごい」と思いますよね。

結果、こういうサイトへ誘導される仕組みです。
ではこんなサイトはどうして「11の心得」とは「30の事例」を知っているのでしょうか?どんなに数をこなしたコンサルタントでも、実際には30も見つけるのは困難です。

じつはからくりがあります。
SEO対策はピンポイントなのです。先の例の場合「40代 起業」で検索したときだけ上位表示されることを狙っています。そのため、記事を書くときに逆算しているのです。
逆算とは?

それは記事をいきなり書くのではなく、まず「40代 起業」で検索して、上位表示されているページを丹念に読みます。
そしてそれらのページから「心得」や「事例」を拾っていきます。ひとつのページに事例がひとつしかない場合でも、それを30サイト探せば「30の事例」を集めることができるのです。

そしてそれを記事にします。
その記事を検索エンジンの立場で見れば、SEOのからくりが見えてきます。例えばGoogleで「40代 起業」で検索された時、他のページでひとつひとつ説明されているのもが、一つのサイトの集約されているのを見つけたらどうでしょうか?

あるサイトには「事例 アフィリエイト」、他のサイトに「事例 せどり」、また他に「事例 セミナー講師」とあったとき、一つのサイトにこれがすべて網羅されていたと考えてください。

そうしたらGoogleのサーチエンジンとしては、これを上位表示せざるを得なくなると思いませんか?
これが、SEOのからくりです。

2・検索結果が歪んだ結果

そのためにあなたが「40代50代で起業」と検索しても、思うような情報を得られないことになっています。
じつはSEO対策に特化した記事を書く会社やライターは、ネットで探せばいくらでも見つけることができます。クラウドワークス・ランサーズあるいはココナラでライターを探すことができます。

そういうライター業の人がしていることは、希望の検索キーワードをクライアントから聞いて、それを検索してまとめる記事を書いているのです。

だから、「11の心得」や「30の事例」あるいは「20の成功法則」みたいな、魅力的な記事タイトルを書くことができるのです。まとめ記事も流行っています。
実際は最初に他人が書いた記事を下敷きに書くので、誰にでも書けます。あなたでもからくりさえ知れば、書くことができます。

しかしこれが歪んだ結果を生んでいます。
おわかりでしょうか?
希望の検索キーワードをクライアントから聞いて、それを検索してまとめる記事を書いているのです。そうしたら検索エンジンのプログラムは、それを上位表示せざるを得なくなります。
これを繰り返す結果、上位表示されたぺージはほぼ似たような記事ばかりになってしまうのです。当たり前ですね、最初の記事をパクって書いたものが繰り返されるのですから。

そしてこのような上位表示されるキーワードには特徴があります。それは「お金になるキーワード」ということです。なぜなら なぜ こんな手間暇かけてSEO対策するかと言うと、お金になるからです。
お金にならない趣味のようなものでは、こういう歪んだ検索結果はでません。「蝶々を効果的に捕まえる20の方法」などという結果は出ないのです。

なぜ「お金になるキーワード」でSEOの歪んだ結果になるのかというと、それで商売をする人が大勢いるからです。例えば「40代50代 起業」で検索するサラリーマン・サラリーウーマンをターゲットにする業者です。

そういうコンサルタント、情報販売業者が大勢います。そしてそのターゲットとなる人たちを考えてください。高校・大学出て今の会社一筋な人、あるいは一回ぐらい転職した人も対象です。
そして40才・50才になって一念発起して起業しようとした人です。つまりそういう人は「起業に関して素人」です。知識が無い人なのです。

そういう人をだますのは簡単ですから、「40代50代で起業」で検索する人を探しています。
「40代50代で起業」で検索する人は、不安な気持ちを持っていますから、成功した「30の事例」とか「失敗しない10の裏ワザ」みたいな言葉に惹きつけられてしまいます。

ところが「40代50代で起業」で検索しても、上位表示されたサイトはほぼ同じような事ばかり書かれています。そのからくりはSEOの説明で書きました。
それを読んだサラリーマン・サラリーウーマンはどう感じるでしょうか?「失敗しない10の裏ワザ」を読んで、それが「起業の常識」だと勘違いしてしまうのです。
本当はたんにライターが書いた寄せ集め記事に過ぎません。そんなゴミ記事が、Googleと言う権威のフィルターを通ると、「起業の常識」になってしまうのです。

怖ろしいことを書いています。これがネット上の検索結果で得られる、真実です。

3・実例を挙げて説明します

「失敗しない10の裏ワザ」を読んで、だまされるとどうなるのか?
具体的に説明します。

私のところにも毎日売込みのメールが来ます。その中で最近届いたものを引用します。

「平です、
 
先日から二次募集を開始しました。
 
88万円を稼ぐコンテンツビジネスの始め方、
言葉をお金に変える「9つの方法」を
伝授する最初で最後の機会です。
 
他にも、
 
——————–
1.感情を想いのままに動かす
2.SNSに特化した言葉の使い方
3.1対1と1対10,000
4.お客を誘惑するテクニック
5.新しい言葉の生み出し方
6.売れる広告の形10
(FAX、レター、LP、チラシ、新聞広告、SNS広告)
7.ホリエモンが認めるインフルエンサーゆうこすモデル解説
8.言葉を使って稼ぐ5つのビジネスモデル実例解説
-売上月5万円から300万円まで-
9.誰でもできる88万円稼ぐコンテンツビジネスの始め方
※他にも、ココには書けない秘密を暴露!
——————–
 
など、1つ1つの内容で
30万円の合宿形式で教えられる内容です。
 
それが、9つだと270万円ですが、、
58万円の特典付きで、あり得ない金額で、
あなたに伝授すると決めました。
 
これらがあれば、88万円を稼ぐのを手始めに
個人で3,000万円チームで1億円を
「言葉」で稼ぐ具体的な方法を網羅してます。
 
私のように世界の果てに出かけても
国内の高級温泉に浸かりながらでも
 
「あるアイテム」と「ある書籍」
 
を取り出して、話し始めることで、
88万円を稼ぐことが可能です。
 
ちなみに、88万円は未経験の素人が
実践する場合で、私は3,000万円から1億円を
常に狙い売上を上げ続けてます。
 
私は色々な方を指導してきました。
 
1億円プレイヤーも片手では足りず
年収3,000万円は数え切れない程にいます。
 
ただ、彼らも不況の時には苦戦してますが、
 
「コンテンツビジネス」
 
は圧倒的に利益率が高く、固定費が低いので
どんな不況にも負けずに稼ぎ続けています。
 
なので私はあらゆる人にコンテンツビジネスを
始めて欲しいですし、今回教える内容が、
過去20年間で最も簡単で再現性が高いです。
 
詳しくは以下の***をご覧下さい。」

この方はお金儲けがすぐにできるセールスレターの書き方をマスターすれば、たちどころにお金持ちになれると宣伝しています。
そしてそういうセールスレターには、一定のひな形(テンプレート)があって、それに従い書けば誰でもできると教えているのです。

それで、今ここで考えてください。
この人がそういうテンプレートを勧めているのであれば、先の文章自体もそれで書かれているはずです。だってそれを売ろうとしているのですから・・・

そうであるのなら、あなた自身、考えてください。前の青い文字の文章を読んで「よし、買おう!」と思いましたか?心揺り動かされましたか?
そうでないなら、この人の売っているテンプレートはさほどでもないと、考えるべきです。

論理的に考えるなら、そういう結論になります。

4・騙されない唯一の方法

あなたがホームセンターに行ったと考えてください。ホームセンターの園芸用品売り場です。
そこで黒いビニール製のカラスを見たことがあると思います。カラスの死骸を模したダミーです。
あの黒いビニール製のカラスを畑の中に吊るしておけば、カラスが怖がって近寄ってこないというアイテムですね。あれって効果あると思いますか?

元々は農夫が、たまたまカラスの死体を手に入れて、それを畑に吊るして置いたとき、本当にカラスが近寄ってこないという話からあれが作られました。
でも考えてください。カラスはそれほどバカなのでしょうか?
カラスは鳥の中でも極めて頭がいいと言われています。実際の死骸を見て「これはヤバイ」と思い近寄ってこなかったのは、頭がいいからです。
でもカラスが畑に来るのは生きるためです。野菜を食べて生き抜くために畑に来るのです。命がかかっているのです。

そういうカラスに対してビニールのカラスを吊るすだけで、未来永劫にカラスはおびえるでしょうか?カラスは学習できる賢い生き物です。
やがてそんなビニール細工を吊るす人間を馬鹿にするようになるでしょう?「まだこんなの吊るしてんの?」みたいな・・

先のセールスレターを思い出してください。あれはカラスの死骸と同じだと思いませんか?
まだネットがそれほど普及していない時期には、怪しいものでも飛ぶように売れた時期がありました。その中に「売れるセールスレター」みたいなものも数多くありました。
あるいは「誰でもできるSEO対策」とか・・・

でも人間には学習効果があります。カラスにもあるように
今ではセールスレターのテンプレートで、ものをほいほい買ってくれる人は、いなくなりました。

その証拠が、先の宣伝文(青い文字の文章)を読んだときのあなたの気持ちです。
「ほんとかよ、信じられないな!」と感じたと思います。それはビニール製のカラスに慣れてしまったのと同じです。

しかしながら、SEO対策が流行した結果、「40代50代 起業」を目指す人が手に入れられる情報と言うのは、いわば「ビニール製のカラス」ばかりです。
本当に役立つ情報をネットで手に入れようとするなら、逆に人々が検索しない言葉で探す方が有効である確率が高いのです。


本当に役立つ情報をネットで手に入れようとするなら、逆に人々が検索しない言葉で探す方が有効である確率が高いのです。

5・ちょっとしたヒント

もしあなたが使える検索をしたいなら、知っておきたい情報があります

例えば検索窓に「40代50代 起業」と打ち込んだとき、こんな検索ワードもありますよ、みたいな文字がでますよね。
先のキーワードで言うと「40代50代 起業 成功」「40代50代 起業 失敗」「40代50代 起業 事例」みたいなものでサジェストといいます。

あのサジェストは、あえて避けた方が賢明です。なぜならSEO業者はあのサジェストを使って対策を取っているからです。
ですから本当に使える検索は「40代50代 起業 私の方法」みたいなものが有効である場合が多いものです。そして検索結果の10ページ目ぐらいまで、丹念に探すことが必要です。

まとめ

40代50代で起業しようとして失敗する本当の理由を書きました。インターネットを信用することが失敗の原因です。

引き続き「40代からのお金を稼ぐ方法(決定版)」という記事をお読みください

ここで皆様にお願いがあります。このページ自体が検索エンジンの悪口を書いています。また検索結果上位表示テンプレートの掟を破って書いています。
ですからこのページが検索上位される可能性は低いのです。
もしあなたが、このページに書いてある事の方が、真実だ。「役に立つ!」と思われましたなら、

記事の最後にあるブルーの「B!」と書いてあるボタンを押してください。

こちらのボタンでも可能です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

これは「はてなブックマーク」と言いまして、検索エンジン経由以外の検索の可能性を広げるものです。皆様のようにお役に立つ情報を探している人に、この情報が届けられます。
どうかよろしくお願いします。

————————–

つらい人生を歩む人には、

特徴があります。

自分に自信が持てない人が、このような

大勢の人が信じているものに頼るようになります。

そういう人は自分に自信が持てない人です。

 

なぜ自分に自信が持てないかというと、

幼少期に親からの励ましがなかったことが

原因になったことが多いものです。

幼少期に母親との葛藤を経験した人には、

心の奥に孤独があります。

それは死への甘い誘いでもあるのです。

 

なぜか?

なぜ自殺したいと思ってしまうかと言うと、

それは「当てつけ」なのです。

愛してくれなかった(と感じる)親に対して

「愛してくれなかったから死んでやる」と当てつけの気持ちです。

「死なせなくなかったら愛してよ!」という心の叫びが

なぜ自殺したいと思ってしまうかと言う

本当の気持ちです。

jisatu

自殺願望はあなたの中の欲望です。

それはあなたの中の動物の本能です。

人間の中にも動物の本能があって、それが人生の大事な場面

ひとつひとつであなたの人生を決めていたのです。

こういうことを知らずに人生を過ごす人は、大変な

損をしています。

今この瞬間から損する人生とさよならをして

もっと得する人生を望まれる方は、下のリンクから

メールマガジン「脳科学で願望実現を可能にする実践講座」

をどうぞ

 

 

お金儲けはもちろん、恋愛成就、仕事の成功、対人関係の克服、夢の実現など、脳科学の見地から、正しい実践方法を伝授いたします。

引き寄せの法則や社会的洗脳の仕組みなどを正しく理解し、具体的な実践としての、誰にでも導入できる瞑想方法や自己催眠を詳しく解説します。

毎日1話、第一話から進んでいく無料メール講座です。

早い方は1ヶ月で効果がでます。登録はとても簡単で下記フォームにメールアドレスを打ち込むだけ。

このご縁をきっかけに皆さまの人生が拓けますことを祈念もうしあげます。

************************************************

筆者についてwatashi

長く建設会社に勤めながら瞑想行や神秘業を、科学的に研究する。

建設会社をリストラされたのを機に、中小建設業生き残り研究会を立ち上げ、建設会社の新規事業開発やマーケティングを研究する。

しかし、中小建設業生き残り研究会のDVDの売れ行きに悩み、瞑想中の啓示により変性意識開発のDVDを製作・販売する。

ネット事業に活路を見出し、瞑想による願望実現のホントとウソの研究にシフトしていく。

宗教色を排した、科学的瞑想の研究を勧める。

ヴィパッサナー瞑想はほとんど知らなかったが、本を一冊読んで「自分が行っていたのは じつはヴィパッサナー瞑想だった」と気がつく。

四国の山中に在住、時々東京や大阪でセミナーを開催。