40代転職に成功できる方法とは?(よくわかる方法です)

40代の転職は失敗します。失敗する原因を書きました。
普通の方ではここに書かれたことは、なかなか気がつくことができません。もちろん解決策も書いていますので、大変お得な記事です。

解決策を先に書きますと、これから言うケースの場合は転職先として選ばないことです。

40代転職に成功するより、失敗する方が圧倒的に多くなります。その理由と対策をお知らせします。
これは他のサイトには書かれていないことが含まれますので、お読みになることがあなたのお得になります。

1・40代転職はなぜ成功しないか?

典型的なケースで考えます。
まず転職したいと考える個人は、比較的大きな企業に勤めてる人です。従業員150人とか200人とか、あるいはそれ以上の企業です。

そして40代の転職者を募集する企業は、これよりも小さい企業であることが多いものです。
40代の転職者を募集する企業とは最近業績が伸びて、その業績に適応できる社内体制を構築したいために、外部にその人材を求めるのです。

なぜ外部に人材を求めるかと言うと、社内にそういう人材が育っていない、あるいはいないと経営者が判断しているためです。
裏を返せば、そういう小企業には、社員を幹部社員に育て上げるノウハウがないのだと、経営者が認めているともいえます。

そしてそういう小企業の経営者には、ある思い込みがあることが多いものです。それは一種の学歴信仰です。○○大学出身でわが社より大きいあの会社の社員を引き抜きたいという気持ちです。

一種の学歴信仰です。「信仰」ですから○○大学出身者さえいれば、会社の持つ多くの多くの問題が解決できるという多大な期待があるものなのです。

2・これに対して40代転職希望者は?

転職を希望するあなたは、基本的に今の会社に不満を持っていると考えることができます。現在の会社の待遇に100%の満足を感じている人物が転職するというのは、考えにくいものです。
そしてそういう人の不満のほとんどは金銭面での不満です。平たく言えば「給料が安い」と言うことです。

しかしこれを、潜在意識まで掘り下げてみると、見えるものが違ってきます。金銭面での待遇の不満とは仮の姿で、本当は「もっと自分の実力を認めてほしい」という気持ちが根底にあるのです。
さらに人間関係に満足している時は、出社するのが楽しいものです。そういう時、金銭面での多少の不満があっても転職したいとは思わないものです。

逆に職場の人間関係が悪い時は、たとえ金銭面での待遇がよくても、そうい人は退社・転職を考えます、
なぜなら高い給料に見合う実力が、自分にはあると勘違いするからです。

よそでもやっていけると思うからです。

しかし、よく考えれば、40代にもなれば対人関係のスキルが評価の一部になります。

そうであるならば、本人が職場の人間関係で悩むというのは、その人の対人関係のスキルが劣悪であるとの評価になるのです。しかし本人は、そういう矛盾に気がつきません。

客観的に転職希望者を評価すると、ほぼ100%自分を過大評価している人です。そしてその人が実力以上の給料をもらっている時、自信過剰な人になりがちです。
一般的に、そういう人物はプライドが高く、扱いにくい人物です。

3・転職先の求めるのは中間管理職

さて、1・に戻って考えてみましょう。
40代転職者を求める企業の多くは、儲かっている中小企業です。なぜ40代かと言うと、「課長」職をする人材が欲しいのです。

そしてそういう企業は、きちんとした会社形態をしていません。きちんとした会社形態がどういうものかという定義は置いといて、個人商店のような形から大きくなった企業は、けっこうちぐはぐな体制のまま大きくなっています。
そんな企業は、内部体制が良く言えば個性的、悪く言えばむちゃくちゃなまま大きくなったことがよくあります。

上場企業であるなら、とうぜん置いておくべき役職など、まったくない、あるいは知らない企業などもよくあります。
転職希望者は、いざその会社に入ってから、内部の旧態依然とした体制に驚くことがあるのです。

そういう経営者は思いもかけず会社の売り上げが上がって、社内体制の不備に気づきます。ほとんどの場合、社内体制の不備は重役職(経営陣)と、現場職の間を取り持つ仕事をする人がいないことです。
ですから、経営者はまともな会社、立派な会社にするために、わが社に欠けているのは課長のような中間管理職であると思います。

40代の転職者を求めるのは、そういう事情があるからなのです。

そして大事なことは、そういう経営者は組織作りが苦手な人物ですから、外部の有能な人材に中間管理を任せたいと思っているのです。ハッキリ言って、中間管理はめんどくさくて、難しい仕事なのです。
高度な対人スキルを必要とします。

そして名のごとく「中間」ですから現場職と、重役職の意志の疎通、情報の共有をするのが仕事です。
大企業においては平社員の中で有能な人、対人スキルに長けていて、重役職の求めるものをくみ取り、部下にも的確な指示ができる人物が、中間管理職に昇進していきます。
つまり、中間管理職とは生え抜きでないと仕事が難しい面が、多々あります。その企業には企業独自のやり方、文化が存在するからです。
企業文化を知らない人は、しょせんよそ者なのです。

ですから、課長職を希望されて転職した人は、その企業の独自文化に触れたとき、あまりにも自分の知っているものと違うので混乱します。

その企業文化を自分が知っているものに変更しようとして奮闘しますが、それは職場の人たちにより反対されつぶされます。
そして先に述べたようなプライドの高い人物が、そういう失敗をすると、結局なじめず退社することになるのです。

多くの40代、転職課長はこういう末路をたどります。

4.中堅の企業のまともな会社

中企業の多くは個人商店的な会社が幸運な追い風にあい、思いがけず大きくなった形態が多いものです。そういう企業の社内体制は素人っぽいものが色濃く残ります。
そうでない企業もたまに存在します。

そういう企業の特徴は、大手メーカーの下請け100%という形態が多いことです。つまり大手メーカーの指導を受けて発展した結果、中間管理職も早くから置くことができたのです。

しかしそういう企業であれば、内部の昇進システムがハッキリしているために、転職者の課長を求めることがありません。その必要を感じないのです。

じつは、40代で課長候補として転職したい人がイメージするのは、そういう企業なのです。社内に情報伝達システムや意思伝達機構がすでに出来上がっていて、そこの課長職になりたいという、ぼんやりイメージしています。
ところがそういうきちんとした企業では、中間管理職を外部人材に求めるということがありません。そういうことをすれば課長候補の社員から必ず不満がでるからです。

また経営者にとっても企業文化を乱す原因となりかねない、外部人材の中間管理職を求めることはしたくないことなのです。

結果、40代転職者が理想とする企業が、見つけにくいということになります。

5・それでも無理に転職すると

40代で課長候補として転職したい人が無理に転職すると、どうなることが多いのでしょうか?
転職した企業内部のずさんさにあきれることが多くなります。

そして「俺の手でこれをきちんとしたものに!」と、炎を燃やすことになります。

しかしそれは転職先従業員から見れば、これまでの企業文化の破壊にしか見えません。

例えばある企業で、3時におやつタイムが習慣としてあったとき、途中入社の課長がそれを禁止したと、想像してください。こんなことをすれば従業員が激しく反発することが確実です。
つまりこれが、社内文化なのです。

もしこれを廃止するにしても、生え抜きの課長やその習慣を容認してきた社長が、これこれこういう理由で廃止させてくれというなら、それほど従業員も抵抗しないと思われます。
しかし、40代で課長候補として転職した人は、社内文化の否定をやりたがるのです。

なぜなら、そういう改革をするために経営者に見込まれたのだと思っているからです。
しかし部下たちは受け入れません。

結局総スカンをくらって、課長候補として転職した人は、退社してしまうことになるのです。

まとめ

40代転職に成功できない原因を説明しました。

1.転職先は中間管理職(課長)を探している

2.なぜなら転職先にはきちんとした社内組織がない

3.大きな企業からきた社員に託せばすぐに社内組織ができるという幻想を持っている

4.転職しようとする人は元居た会社に不満がある

5.転職先はそういう不満がないパラダイスだという幻想がある

6.どちらも期待が大きすぎるのでそれは裏切られる

こういうパターンです。

さて転職して課長になった人が改革を行おうとすることがよくあります。転職先の経営者もそれを望んでいます。

しかし、そういう改革のためには部長や取締役クラスの情報や、調整能力が必要です。ですから転職先の経営者が望むような改革を成功させることができる人は有能なのです。

すなわち待遇は課長職であっても、能力が部長級以上でないと、改革はできないことになります。しかし元居た会社に不満を持つようなタイプでそれほど有能な人材はいません。

そういうタイプは自分の能力以上の仕事を押し付けられたと感じるでしょう。結果、転職先の会社にも不満を持つようになります。

もし、能力が部長級以上の転職者がいたとして転職先で定着できたとしても、課長と言う待遇に不満を持つことが確実です。

つまりここで書いたようなケースの場合、どちらに転んでも転職者がハッピーになることはあまりないのでした。

ここで皆様にお願いがあります。
ここに書いてある記事が、役立つ、とか、面白い、とか思われましたら
青い「B!]と書いてあるボタンを押してください
このエントリーをはてなブックマークに追加
次の記事もとても参考になります。読んでおかれることを強くお勧めします。
毎月15万円稼げる、40代50代が情報商材作って販売する方法とは?
【令和2年最新版】40代からの副業一覧ベスト10とお金を稼ぐ方法
ブスな女子大生の成功するパパ活のやり方とは?

———-こちらもお役に立つ情報です—————-

つらい人生を歩む人には、

特徴があります。

自分に自信が持てない人が、このような

大勢の人が信じているものに頼るようになります。

そういう人は自分に自信が持てない人です。

 

なぜ自分に自信が持てないかというと、

幼少期に親からの励ましがなかったことが

原因になったことが多いものです。

幼少期に母親との葛藤を経験した人には、

心の奥に孤独があります。

それは死への甘い誘いでもあるのです。

 

なぜか?

なぜ自殺したいと思ってしまうかと言うと、

それは「当てつけ」なのです。

愛してくれなかった(と感じる)親に対して

「愛してくれなかったから死んでやる」と当てつけの気持ちです。

「死なせなくなかったら愛してよ!」という心の叫びが

なぜ自殺したいと思ってしまうかと言う

本当の気持ちです。

jisatu

自殺願望はあなたの中の欲望です。

それはあなたの中の動物の本能です。

人間の中にも動物の本能があって、それが人生の大事な場面

ひとつひとつであなたの人生を決めていたのです。

こういうことを知らずに人生を過ごす人は、大変な

損をしています。

今この瞬間から損する人生とさよならをして

もっと得する人生を望まれる方は、下のリンクから

メールマガジン「脳科学で願望実現を可能にする実践講座」

をどうぞ

 

 

お金儲けはもちろん、恋愛成就、仕事の成功、対人関係の克服、夢の実現など、脳科学の見地から、正しい実践方法を伝授いたします。

引き寄せの法則や社会的洗脳の仕組みなどを正しく理解し、具体的な実践としての、誰にでも導入できる瞑想方法や自己催眠を詳しく解説します。

毎日1話、第一話から進んでいく無料メール講座です。

早い方は1ヶ月で効果がでます。登録はとても簡単で下記フォームにメールアドレスを打ち込むだけ。

このご縁をきっかけに皆さまの人生が拓けますことを祈念もうしあげます。

************************************************

筆者についてwatashi

長く建設会社に勤めながら瞑想行や神秘業を、科学的に研究する。

建設会社をリストラされたのを機に、中小建設業生き残り研究会を立ち上げ、建設会社の新規事業開発やマーケティングを研究する。

しかし、中小建設業生き残り研究会のDVDの売れ行きに悩み、瞑想中の啓示により変性意識開発のDVDを製作・販売する。

ネット事業に活路を見出し、瞑想による願望実現のホントとウソの研究にシフトしていく。

宗教色を排した、科学的瞑想の研究を勧める。

ヴィパッサナー瞑想はほとんど知らなかったが、本を一冊読んで「自分が行っていたのは じつはヴィパッサナー瞑想だった」と気がつく。

四国の山中に在住、時々東京や大阪でセミナーを開催。

 

コメントを残す